サイトトップ > 

古銭の買取の時に準備しておきたいもの

押し入れの中で肥やしとなっているものの中には持ち主の思っている以上の価値がある場合があります。世界各地で制作されている自宅のお宝発掘鑑定番組がありますが、これが人気なのももしかしたら自分の持っているものの中にも値打ちのあるものがあるのではないかしらという夢があるからです。

日本では古銭などが家の中にある人も結構な割合でいるものですが、単なる古銭だと思っていたものが実は高額で買取してもらえるだけの価値のあるのものだったという例もたくさんあります。自分だけで持っておくよりも信用できる業者に鑑定をしてもらい、価値に見合った価格で買取をしてもらった方がいい場合もあります。

鑑定ショップで古銭 買取をしてもらう場合は、専門的な知識のある鑑定士がしっかり判定してくれますが、依頼する側も売却したい古銭以外にもそれなりの準備をしておかなくてはいけません。まずは住民票や免許証のコピーなど身分証明書になるものを持参しないと買取拒否されます。持ち込まれたものが盗品かもしれない場合もあるので当然の対応ですね。来店できない場合はこれらの証明書のコピーにに連絡先や送金方法などを書いたメモを同封しておけば問題ありません。

古銭買取の一般的な流れ

国内に流通しているお金はなんらかのきっかけで何回か一新されています。全く広まらなかったことでレア札となった2000円札などもその一つです。新しいバージョンのお金が市場に出回るようになると古いバージョンのものは希少価値が高まりますので、紙幣なら折り目がついていない状態など、硬貨なら錆びついていなかったり汚れていなかったりなど保存状態が良ければ高い値段で買い取ってもらえる場合もあります。なんとなく昔のお金をそのまま持っている人は鑑定してもらってどれだけの価値があるか調べてみるのもいいでしょう。

古銭や金 買取ではどの業者で依頼する場合も基本的な流れがあります。これは実際にお店に行って鑑定してもらう場合も、弧線を発送して鑑定する場合も同じです。

まずは当然のことではありますが、古銭の鑑定をすることから始まります。鑑定には料金はかかりません。その後で見積書が提示されますから、金額に納得がいくならそのまま売却という流れになります。支払いは現金で行われますのでwebマネーなどやギフト券などでは対応していないことが多いので留意しておきましょう。買取額が気に入らない場合はいくつかのところで鑑定してもらうといいかもしれません。